東武線とレンガの造りの高架橋(富岡町)

大正3年(1914年)に東武鉄道の館林‌−葛生間の直通運転が開始されるに伴い、レンガ造りの趣のある高架橋が造られました。
富岡町と久保町の境にあり、こちらは富岡町側から見た景観です。

アクセス情報

【住所】

栃木県佐野市富岡町

【アクセス】

JR両毛線・東武佐野線 佐野駅より徒歩10分

注意事項

当ウェブサイトに掲載されている文章や画像の無断転載・転用を固く禁じます。
ご使用になりたい場合は、まずお問い合わせください。

鉄道・駅シリーズのイラスト一覧